会長あいさつ【令和3年度】

令和3年度会長

会  長  髙城(たかしろ)  みさ

 日頃より仙台市PTA協議会の活動にご理解とご厚情を賜り、心より感謝申し上げます。
昨年度は新型コロナウィルス感染症の感染拡大という未曽有の事態に直面し、子どもたちを取り巻く環境も一変、私たち保護者の生活様式も新しいものになりました。
その変化に対応していく中で、あっという間の一年だったと感じています。 感染された方の一日も早い回復をお祈りしますとともに、日頃から子どもたちの安全安心を守るためご尽力いただいている先生方や地域の皆様、そして医療従事者の皆様に心より感謝と敬意を申し上げます。

  さて、昨年度PTA活動が中止や縮小をせざるを得ない状況の中、これまでの活動を見直し、今できるかたちでの活動を考え実践したPTAも見られました。
役員や委員の集まりも制限される中で、メールやSNS、ビデオ会議といったオンラインはPTA活動に欠かせないコミュニケーションツールとして存在感を増しています。Zoomなどを使った役員会議や委員会はもちろん、必要に応じて保護者会や親睦会なども行うことで参加者の幅が広がりPTA活動へのハードルを下げ、イメージ向上にも繋がることが期待できます。
この先私たちを取り巻く環境がどう変化していくかわからない状況において、学校や地域との繋がりや保護者同士の繋がりは子どもたちの健やかな成長、安心感のある地域社会に不可欠だと考えます。
先行き不透明な日々が続く今「コロナ禍はPTA改革のチャンス」と捉え、関わる人が関わりやすいかたちで、学校や地域と歩み寄りながら子どもたちの安全安心を念頭におき、それぞれの学校や地域で楽しめる関わりやすいPTAのかたちを作って行けたらと思います。

 仙台市PTA協議会といたしましても皆様と情報を共有しながら、非常事態においても前を向き、そして子どもたちの笑顔のため役員一同力を合わせ、より一層努めてまいります。
そして皆さまと実際にお会いできる事業や活動が一日も早く再開できることを祈念し、私からの挨拶とさせていただきます。
今後ともご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました